山口県長門市、湯本温泉の音信川(おとずれがわ)沿いの中央にあり、瓦屋根の“湯本温泉”と書かれた電飾文字の看板が目をひく、どっしりとした建物の市営公衆浴場の「恩湯」(おんとう)です。湯船は深く、端に座るとちょうど良い段差が設けてあるので、ぬるめの湯に長く浸かる事ができました。
玉子臭のする、ぬるぬる感の強い肌触りの無色透明の湯がかけ流されていました。
 住所
 風呂
 駐車場
石鹸 ×
シャンプー ×
ドライヤー ×
・ 泉 質
アルカリ性単純温泉
・ 効 能
神経痛、筋肉痛、消化器病など
・ 長門市深川湯本2265
あり 20台
恩 湯
 おん  とう
温泉分析書
湯本温泉の由来